空気環境整備・消臭はグリーン・エナジー

ご質問・ご相談 お気軽にどうぞ。営業時間(9:00〜18:00まで)072-206-0555・FAX:072-206-0554

業種別施工

様々な業者様のニーズにあった消臭・防臭作業を施工致します

動物病院・ペットショップ・ペットサロンなどペット関係

例えば、嗅覚の動物といわれる犬は、人が嗅細胞500万個に対して、種類により1億個〜3億個の嗅細胞があると言われています。するどい嗅覚をもって、人命救助、麻薬探知、爆発物探知、ガン探知などが可能になっているのですが、それゆえ、様々なニオイがする空間はペットにとってストレスになっているかもしれません。
館内消臭工事だけでなく、日常メンテナンスのご提案、お客様へのサービス提案も行っています。


・待合・受付・ホール:ペット臭(体臭・排泄物臭)、薬品臭(消毒薬、シャンプー、リンス、毛染め剤など)、商品から発生するニオイなど
・診察室:ペット臭(体臭・排泄物臭)、薬品臭(消毒剤など)
トリミングルーム:ペット臭(体臭・排泄物臭)、薬品臭(シャンプー、リンス、毛染め剤など)



建築設計・住宅販売

引渡前・入居前にVOCを減らすことだけでなく、築後に消臭・防臭・防カビ・抗菌効果が持続するため、建物の資産価値を維持することができます。


4年前にマンションを購入され、抗菌・防臭加工されたお客様が、「売りに出すのに査定にきてもらったんだけど、犬を5匹も室内で飼ってるのに、ニオイがない!って査定に来られた方がびっくりしてたの!」とのお話をいただきました。もちろん、お客様が犬のしつけをきっちりと行い、身体や用具をきれいに保っておられたこととはいえ、それでも、4年間、5匹のわんちゃんが家にいて、査定に響かないということは私どもにとっても驚きでした。


家の買い替えは、数多くないものですが、自家用車の乗り換え時の施工は、リピート率が非常に高く、ほぼ100%リピート施工いただいております。
それだけの状態を知ってしまうとやめられないようです。



一般企業・ビル管理会社

ビル内のトイレ、喫煙室、エレベーター、応接室などお客様をご案内するスペース・リフォーム後のシックビル対策、また、築年数が経過しているため、掃除をしてもニオイが染み付いているというトイレ、分煙対策はしているものの、タバコの煙やニオイが室内、館内に漂うタバコ臭・カビ臭・土埃臭が気になるエレベーター、そして、キッズスペース、授乳室といった箇所へ対策を施すことで、企業イメージupがはかれます。




ホテル・旅館

お客様は、日常から離れた癒しやリラックス、高級感を求めてお越しになるため、館内各室・フロアへの対策だけでなく、施設側で行う日常メンテナンスのご提案やお客様へのサービス提案も行っております。


玄関ホール:カビ臭、タバコ臭、土埃のようなニオイなど
客室:タバコ臭、カビ臭、前お客様の体臭・香水など(海外客の独特の体臭、飲食臭、お香など)
エレベーター:タバコ臭、カビ臭、吐しゃ物臭、体臭、香水など
宴会場:タバコ臭、なんとなくこもったニオイなど
浴場:カビ臭、体臭、いろんな種類が混ざった香料臭など



病院・介護施設など

体臭、加齢臭、老人臭、排泄物臭、カビ臭、薬品臭、つんとするニオイがごちゃまぜになって悪臭となっています。
患者(入所者)様、そのご家族、施設で働く方々といった施設内にいる方々のニオイによるストレスを取り除くこと、「病院に行くと病気になる(病気をうつされる)」といったマイナスイメージを取り除くことが求められる施設が多くなっています。トイレ、汚物処理室、浴室、個室での施工が主になります。




車両関係

乗客との距離が密で、汗臭・体臭・香水・飲食臭・タバコ臭などニオイもこもりがちなだけに、ニオイが気になる方が多い空間です。自家用車では、弊社だけでも800台以上の施工実績があります。




学校・公共施設

新議員会館、大阪府吹田市立図書館、岩手県小学校、北海道児童会館(2010年)、岩手県仮設住宅(2011年)など、最近の事例からもシックハウスやシックスクールの問題は過去のものでなく、今もなお解決していないことがわかります。


新築入居後、奥様やお子様が体調を崩されたことで相談を受ける件数は、弊社でも2006年から変わっていない状態です。最近、弊社で行う簡易測定で、ホルムアルデヒドは基準値0.08 ppmを下回っていることが多いのですが、現場を見にそのお部屋に入ると頭痛や吐き気、筋緊張などが起こります。これは、規制以外の揮発性化学物質が要因として考えられています。



これからは、総揮発性有機化合物(TVOC)の量を減らす処置が必要になってきます。これは、躯体への処理、内装下地への処理、内装への処理と3つの処理方法があります。


その他、公共施設では原則全面禁煙
2010年厚生労働省の通知で、学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならないとして、原則全面禁煙を各都道府県に通知しています。このことを受けて、喫煙室を会議室や倉庫などに改装されるのですが、その際に出てくるのが、「改装してもタバコ臭いからその部屋は使えない」という相談です。


染み付いたタバコのニオイを消すのは難しいことではありませんので、是非、これから計画されているならご相談いただければと思います。トイレは、日常的に多数が利用されるため、空間消臭工事だけでなく、定期的に特殊メンテナンスが必要になる場合もあります。

ご質問・ご相談 お気軽にご連絡ください TEL:072-206-0555 FAX:072-206-0554 夜間・休日の施工も行います

依頼から施工までの手順

施工場所一覧

喫煙室・禁煙室・新車・中古車・会議室・応接室・ホテル・旅館・ペット・介護施設・空気浄化・新築住宅・中古住宅・公共スペース・イス・ベッド・トイレ・衣類・学校・会社・店舗・調理場・レストラン・飲食店

大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀の関西圏から西日本全域の ネットワークで消臭施工を承ります

お問い合わせはこちらまで ご質問・ご相談お気軽にどうぞ TEL:072-206-0555 FAX:072-206-0554 営業時間(9:00〜18:00まで)

メールフォームからの お問い合わせはこちら

このページの先頭へ